【F1アゼルバイジャンGP】P1はわずか30分で終了という珍事に!


2019年のF1第4戦が4月26日(金)に開幕を迎え、日本時間18時から1時間30分に渡って1回目のフリー走行が行われた。


今年で4度目となる開催となったアゼルバイジャンGPは、長い直線区間を持つ市街地コースとして知られ、毎年波乱含みとなる結果は読みにくい1戦として知られている。


そのなか、迎えた最初のセッションP1は、各車マシンのシステムチェックを続々と行うとガレージに留まる静かなスタートに。


開始15分でフェラーリの2台がコースに向かい、最初にタイムを記録することになったが、路面の汚れが目立ち、ベッテル、ルクレール共に控えめなアタックを見せた。


続いて、コースに向かったウィリアムズのジョージ・ラッセルはコース上にストップ。マシンのフロア部分が路面の起伏と接触し、コース上に破片が飛び散り赤旗中断となった。


この中断の最中にはFIAのスタッフが問題となった原因の調査に向かい、その箇所のマンホールを視察するシーンが映し出された。


ラッセルのマシンはこの中断中にガレージまで戻されることになったが、マシンを撤去するトラックが陸橋にぶつかってしまうという珍事も。


その後、中継でリプレイ映像が流されると、シャルル・ルクレールのマシンがマンホールを跳ね上げ、その跳ね上げられたマンホールの影響でラッセルがマシンを破損させたことが明らかに。


そこから再開を待たれるが、このマンホールの問題はこのセッション中に解決できないと判断され、なんと残り1時間を残してなんとセッションは終了という珍しい事態となった。


最終的にこのセッションでタイムを記録したのはフェラーリの2台。


波乱が名物となるバクー市街地コース、今年は金曜日から大波乱の幕開けとなった。