【F1 2019オーストラリアGP予選】ルーキーの快走と王者の底力

更新日:2019年3月17日


いよいよ勢力図が明らかになる開幕戦

2019年のF1もいよいよ開幕戦を迎え、冬季テストでの成果が試される最初の日がやってきました。


開幕前に行われたバルセロナテストではフェラーリの好調さが目立つなか、王者メルセデスのマシンの仕上がり、今季からホンダパワーユニットへのスイッチを決めたレッドブルの始動にも話題が集まりましたね。


そんな様々な話題も結果として初めて現れるのが、この開幕戦の予選。

各GPで行われる3回のフリー走行では、まだ手の打ちを隠すことが出来ますが、レースでのスタート位置を決めるため、ここから各チームの真価が現れることとなります。


それでは、そんな開幕戦オーストラリアGP予選での出来事を振り返っていきましょう。



Q1 接戦のタイム争いと活きの良いルーキーたち

全20台のうち下位5台のドライバーが脱落するQ1では、早くも予想外となる結果で幕を開けることになったのです。


開始早々から多くのドライバーがコースインし、接近したタイム合戦が繰り広げられる展開となりました。


中団で争われると見られていたハースを筆頭にトロロッソが好位置に付けるタイムを叩き出し上位に進出、またメルセデス、フェラーリも予想通りあっさりと好タイムを記録します。


しかし、そのタイム差は非常に接近したものとなり、最終的にトップ立ったシャルル・ルクレール(フェラーリ)からQ2進出を果たした15番手のキミ・ライコネン(アルファロメオ)までが1秒以内という結果に。


そんな大接戦のQ1で予想外の脱落を喫したのがレッドブルのピエール・ガスリー。


レッドブルは昨年に続き3強の一角と見られていましたが、もはや分単位で路面状況が改善し、ライバルの急激なタイムアップに足元を救われてしまう結果に。


天候こそドライコンディションで進んだのですが、雨天時のように機転の利いた備えが必要で、普段は公園の周遊路として使われる特殊なコース特性が波乱をもたらすことになりました。


また、開幕前からチーム状況に不安があったウィリアムズ勢は2台揃って最後列に沈み、この接戦からは蚊帳の外のまま、ここで脱落。


そのなか、昨日まで苦戦していたルーキーたちも予選が始まると本領発揮、アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)4番手、ランド・ノリス(マクラーレン)8番手、アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)9番手と見事にQ1突破を果たしました。


<Q1での脱落ドライバー>


16 ランス・ストロール(レーシングポイント)

17 ピエール・ガスリー(レッドブル)

18 カルロス・サインツ(マクラーレン)

19 ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)

20 ロバート・クビサ(ウィリアムズ)



Q2 コース状況が定まり、真の実力も見え始める

残った15台で争われるQ2では、開始早々にメルセデス、フェラーリが早々にコースインしたものの、その後にアウトラップに出たマシンに引っ掛かり、完璧なラップを決められませんでした。


1度目のアタックを終えると、ここでも路面状況が改善していくによって、先にアタックを行うことが不利になると考えた各チームは、ライバルの動向に気を配りながら、そのタイミングを伺います。


チェッカーまで残り3分となったところで、各車が一気にコースへ飛び出し、Q3進出を懸けたアタックに突入。


ルクレールを除いた全14台が一斉にアタックを行いましたが、この辺りからコース状況の改善は緩やかになり、大幅なタイムアップも徐々に見られない傾向に。


ここで脱落を喫したのはルノー勢とトロロッソ勢のそれぞれと、Q1で4番手に付けたジョビナッツィもここで姿を消し、徐々にチーム間の勢力図が想像しやすい結果となりました。


その中でも特にダニエル・リカルド(ルノー)は母国で納得の行く結果を得られず、マシンを降りてやや肩を落とすようなシーンも。


上位ではここで王者メルセデスが真価を発揮、ラストアタックで3番手以下を大きく引き離し1-2体制を築き、手の内を明かすような速さを見せています。


また、その後方では苦戦を強いられると見られていたノリスやセルジオ・ペレス(レーシングポイント)が奮闘し、Q3進出を果たしていま。


<Q2での脱落ドライバー>


11.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

12.ダニエル・リカルド(ルノー)

13.アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)

14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

15.ダニール・クビアト(トロロッソ)


Q3 2強で分かれた明暗、新人勢で唯一生き残ったノリス

いよいよ今季初のポールポジションが決定するQ3。

ここまで生き残った10台はメルセデス勢、フェラーリ勢、ハース勢に加え、レッドブルのマックス・フェルスタッペン、ライコネン、ノリス、ペレスの10名。


ここでも最初のアタックでメルセデス勢が躍進、しかしトップの立ったのはバルテリ・ボッタス(メルセデス)で、チームメイトでもある王者ルイス・ハミルトンに0.5秒に近い大差を築きます。


一方、トップ争いの対抗馬であるフェラーリは伸び悩み、セバスチャン・ベッテルは3番手に留まります。


最終局面に入ってもメルセデスの快走は都築、最終アタックでハミルトンがボッタスのスーパーラップを上回りトップを奪還、ボッタスも自己ベストを更新して応戦はしましたが、0.1秒差に泣き2番手。これでメルセデス勢のフロントロー独占が決定。


それに続いたのはベッテル、しかしボッタスから0.6秒も遅れており、プレシーズンテストでの好調さを発揮することは出来ませんでした。


4番手にはフェルスタッペンが最後の最後でフェラーリ勢に割って入り、ルクレールは5番手に後退。


好調さが著しいハースの2台は6番手と7番手を確保、昨年と同じように今年の開幕戦でも中団勢で頭一つ抜けた速さを披露。


この予選で少しづつ勢力図は明らかになってきましたが、明日の決勝ではロングランでの性能が重要なことに加え、荒れた展開になりやすいコース特性も相まって、予想が難しい1戦となりそうです。


<F1オーストラリアGP 予選結果>


1.ルイス・ハミルトン(メルセデス)

2.バルテリ・ボッタス(メルセデス)

3.セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)

4.マックス・フェルスタッペン(レッドブル)

5.シャルル・ルクレール(フェラーリ)

6.ロマン・グロージャン(ハース)

7.ケビン・マグヌッセン(ハース)

8.ランド・ノリス(マクラーレン)

9.キミ・ライコネン(アルファロメオ)

10.セルジオ・ペレス(レーシングポイント)

11.ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)

12.ダニエル・リカルド(ルノー)

13.アレクサンダー・アルボン(トロロッソ)

14.アントニオ・ジョビナッツィ(アルファロメオ)

15.ダニール・クビアト(トロロッソ)

16.ランス・ストロール(レーシングポイント)

17.ピエール・ガスリー(レッドブル)

18.カルロス・サインツ(マクラーレン)

19.ジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)

20.ロバート・クビサ(ウィリアムズ)