イタリアが誇る世界屈指の高速サーキット『アウトドローモ・モンツァ』


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%B3%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

イタリアGPの舞台となるモンツァはミラノ近郊に位置し、F1サーキットのなかでも屈指の高速サーキットとして知られています。


このコースが完成したのは1922年と実に100年近い歴史を持ち、世界では3番目に古いクローズドのサーキットなのです。


毎年イタリアGPの時期にはティフォシと呼ばれる熱狂的なフェラーリファンが詰めかけ、スタンドを真っ赤に染める光景が風物詩となっています。


このモンツァはスロットルの全開率が80%を超える超高速サーキットで、F1でも屈指の高速バトルが展開されることでも有名。


2005年には当時マクラーレンのキミ・ライコネンが最高時速370.1kmを記録、また2018年の予選では1分19秒119で周回し、平均時速263kmという驚異的な速さが記録されました。


また、こうした極端なコース特性のため、各チームはモンツァ専用とも言える空力パーツを開発し、いつもより空気抵抗の少ないセットアップでレースに臨むのが恒例。


近年、F1サーキットは安全性を重視する風潮が強くなっていますが、2022年の創設100周年に向けてサーキットの大改修が予定されており、シケインをさらに削減したよりハイスピードなレイアウトを目指すことが報じられています。


<サーキット映像>

サーキットオンボード映像はこちら

昨年のレースダイジェストはこちら


<サーキットデータ>

全長:5.793km

周回数:53

周回方向:右回り

コーナー数:11

コースレコード:1:19.119 K.ライコネン(フェラーリ/2018)


<過去の優勝者>

1950 G.ファリーナ(アルファロメオ)

1951 A.アスカリ(フェラーリ)

1952 A.アスカリ(フェラーリ)

1953 J.M.ファンジオ(マセラティ)

1954 J.M.ファンジオ(メルセデス)

1955 J.M.ファンジオ(メルセデス)

1956 S.モス(マセラティ)

1957 S.モス(ヴァンオール)

1958 T.ブルックス(ヴァンオール)

1959 S.モス

1960 P.ヒル(フェラーリ)

1961 P.ヒル(フェラーリ)

1962 G.ヒル(BRM)

1963 J.クラーク(ロータス)

1964 J.サーティース(フェラーリ)

1965 J.スチュワート(BRM)

1966 L.スカルフィオッティ(フェラーリ)

1967 J.サーティース(ホンダ)

1968 D.ハルム(マクラーレン)

1969 J.スチュワート(ティレル)

1970 C.レガツォーニ(フェラーリ)

1971 P.ゲシン(BRM)

1972 E.フィッティパルディ

1973 R.ピーターソン(ロータス)

1974 R.ピーターソン(ロータス)

1975 C.レガツォーニ(フェラーリ)

1976 R.ピーターソン(マーチ)

1977 M.アンドレッティ(ロータス)

1978 N.ラウダ(ブラバム)

1979 J.シェクター(フェラーリ)

1981 A.プロスト(ルノー)

1982 R.アルヌー(ルノー)

1983 N.ピケ(ブラバム)

1984 N.ラウダ(マクラーレン)

1985 A.プロスト(マクラーレン)

1986 N.ピケ(ウィリアムズ)

1987 N.ピケ(ウィリアムズ)

1988 G.ベルガー(フェラーリ)

1989 A.プロスト(マクラーレン)

1990 A.セナ(マクラーレン)

1991 N.マンセル(ウィリアムズ)

1992 A.セナ(マクラーレン)

1993 D.ヒル(ウィリアムズ)

1994 D.ヒル(ウィリアムズ)

1995 J.ハーバート(ベネトン)

1996 M.シューマッハ(フェラーリ)

1997 D.クルサード(マクラーレン)

1998 M.シューマッハ(フェラーリ)

1999 H-H.フレンツェン(ジョーダン)

2000 M.シューマッハ(フェラーリ)

2001 J-P.モントーヤ(ウィリアムズ)

2002 R.バリチェロ(フェラーリ)

2003 M.シューマッハ(フェラーリ)

2004 R.バリチェロ(フェラーリ)

2005 J-P.モントーヤ(マクラーレン)

2006 M.シューマッハ(フェラーリ)

2007 F.アロンソ(マクラーレン)

2008 S.ベッテル(トロロッソ)

2009 R.バリチェロ(ブラウンGP)

2010 F.アロンソ(フェラーリ)

2011 S.ベッテル(レッドブル)

2012 L.ハミルトン(マクラーレン)

2013 S.ベッテル(レッドブル)

2014 L.ハミルトン(メルセデス)

2015 L.ハミルトン(メルセデス)

2016 N.ロズベルグ(メルセデス)

2017 L.ハミルトン(メルセデス)

2018 L.ハミルトン(メルセデス)

最新記事

すべて表示

F1サーキットにはそれぞれサーキットによった特性を持ち合わせていますが、このサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称:COTA)は、人気サーキットの名物コーナーたちが集結したことで知られています。 2012年のF1アメリカGP開催向けて建設されたCOTAは、ヘルマン・ティルケによってデザインされ、一時期F1を開催していたインディアナポリスに取って代わる本格的なF1サーキットとなりました。 セクター1