山岳地帯に造られた屈指のドライバーズサーキット『スパ・フランコルシャン』


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3

ベルギーGPの舞台であるスパ・フランコルシャンは、ドライバーの技量が試される”ドライバーズサーキットとして、高い人気を集めるサーキットです。


ここでの初開催は1950年のことで、モナコやシルバーストーンと並んで長い歴史を持つサーキットとして知られています。


ベルギーの山岳地帯に造られたこのコースは1周当たり7kmにも及び、その全長は現在のF1サーキット最長なだけでなく、高低差104mとアップダウンが激しいという特徴も持ち合わせています。


特にその高低差を象徴するのは名物コーナー”オー・ルージュ”で、急激な斜面をF1マシンが駆け上がる様子はドライバーだけでなく、観ているファンも爽快感が感じられるポイントと言えるでしょう。


元々、ここは半公道サーキットで1周14kmにも及ぶロングコースでしたが、多くの改修を繰り返し、現在はクローズドサーキットに生まれ変わりました。


コースレイアウトもオー・ルージュに続くケメル・ストレートやバスストップシケインなど、オーバーテイクポイントもあるためバトルも頻繁に見られます。


こうした直線区間に対し、コース半ばの山側区間は曲がりくねったコーナーが多く、セットアップの方向性がチームごとで極端に分かれることも。


また、こうした要素に加えてスパウェザーと呼ばれる不安定な天候も名物であり、レースに様々な影響を与え、波乱含みの展開になることも少なくありません。


森のなかにあるためアクセスが悪い場所にあるにも関わらず、毎年多くのファンがサーキットに押し寄せ、近年はオランダからマックス・フェルスタッペンの応援団がスタンドをオレンジ色に染める光景もこのコースの名物になりつつあります。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B3%E3%83%AB%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3

<サーキット映像>

サーキットオンボード映像はこちら

昨年のレースダイジェストはこちら

(それぞれYoutubeのF1公式動画へ転送)


<サーキットデータ>

全長:7.004km

周回数:44

周回方向:右

コーナー数:20

コースレコード:1:42.553 L.ハミルトン(メルセデス/2017)


<過去の優勝者>

1950 J.M ファンジオ(アルファロメオ)

1951 G.ファリーナ(アルファロメオ)

1952 A.アスカリ(フェラーリ)

1953 A.アスカリ(フェラーリ)

1954 J.M ファンジオ(マセラティ)

1955 J.M ファンジオ(メルセデス)

1956 P.コリンズ(フェラーリ)

1958 T.ブルックス(ヴァンオール)

1960 J.ブラバム(クーパー)

1961 P.ヒル(フェラーリ)

1962 J.クラーク(ロータス)

1963 J.クラーク(ロータス)

1964 J.クラーク(ロータス)

1965 J.クラーク(ロータス)

1966 J.サーティース(フェラーリ)

1967 D.ガー二―(イーグル)

1968 B.マクラーレン(マクラーレン)

1970 P.ロドリゲス(BRM)

1983 A.プロスト(ルノー)

1985 A.セナ(ロータス)

1986 N.マンセル(ウィリアムズ)

1987 A.プロスト(マクラーレン)

1988 A.セナ(マクラーレン)

1989 A.セナ(マクラーレン)

1990 A.セナ(マクラーレン)

1991 A.セナ(マクラーレン)

1992 M.シューマッハ(ジョーダン)

1993 D.ヒル(ウィリアムズ)

1994 D.ヒル(ウィリアムズ)

1995 M.シューマッハ(ベネトン)

1996 M.シューマッハ(フェラーリ)

1997 M.シューマッハ(フェラーリ)

1998 D.ヒル(ジョーダン)

1999 D.クルサード(マクラーレン)

2000 M.ハッキネン(マクラーレン)

2001 M.シューマッハ(フェラーリ)

2002 M.シューマッハ(フェラーリ)

2004 K.ライコネン(マクラーレン)

2005 K.ライコネン(マクラーレン)

2007 K.ライコネン(フェラーリ)

2008 F.マッサ(フェラーリ)

2009 K.ライコネン(フェラーリ)

2010 L.ハミルトン(マクラーレン)

2011 S.ベッテル(レッドブル)

2012 J.バトン(マクラーレン)

2013 S.ベッテル(レッドブル)

2014 D.リカルド(レッドブル)

2015 L.ハミルトン(メルセデス)

2016 N.ロズベルグ(メルセデス)

2017 L.ハミルトン(メルセデス)

2018 S.ベッテル(フェラーリ)

最新記事

すべて表示

F1サーキットにはそれぞれサーキットによった特性を持ち合わせていますが、このサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称:COTA)は、人気サーキットの名物コーナーたちが集結したことで知られています。 2012年のF1アメリカGP開催向けて建設されたCOTAは、ヘルマン・ティルケによってデザインされ、一時期F1を開催していたインディアナポリスに取って代わる本格的なF1サーキットとなりました。 セクター1