飛行場からサーキットに。F1の歴史を歩み続ける『シルバーストーン・サーキット』


出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%82%AD%E3%83%83%E3%83%88

かつては飛行場として使用された土地がサーキットへ変わることは、イギリスではそれほど珍しくありません。


イギリスGPの舞台であるシルバーストーン・サーキットもその例外ではありませんが、長年に渡ってF1を開催してきたことから世界的に高い知名度を誇るサーキットです。


ここは1950年のF1開幕戦が行われたことで知られ、まさにF1が始まった場所でもあります。


このコースで優勝を飾ったF1ドライバーは実に30名にのぼり、こうした記録からも長い歴史を感じることが出来るのはないでしょうか。


その69年の歴史のなかで何度も改修が施され、現在のレイアウトは創成期とは全く別物になり、2011年以降はレイアウトが大きく変更され、近代的なサーキットへと生まれ変わりました。


ですが、このコースの名物コーナーとして有名なマゴッツ・ベケッツ・チャペルの3連コーナーはドライバーにとってもチャレンジングで、F1マシンの性能が存分に発揮される瞬間を観られることから人気が高いことで有名。


レイアウト改修後はウェリントンストレートがオーバーテイクポイントとなり、これに続くコーナー”ブルックランズ”では激しいブレーキング競争が頻繁に行われます。


また、イギリスは多くのチームがファクトリーを構えるため、母国GPとしてレースに臨むことも多く、近年ではイギリス出身で5度の王者であるルイス・ハミルトンの応援に駆け付けるファンも多く見られます。


所在地が片田舎にあるためアクセスが悪いと評判ながらも、F1期間中は多くのファンが詰めかけるため、深刻な交通渋滞が毎年話題となりますが、それでもファンに愛されるイギリスGPの会場を務め続けています。


<サーキット映像>

サーキットオンボード映像はこちら

昨年のレースダイジェストはこちら


<サーキットデータ>

全長:5.891km

周回数:52

周回方向:右

コーナー数:18

コースレコード:1:25.892 L.ハミルトン(メルセデス/2018)


<過去の優勝者>

1950 G.ファリーナ(アルファロメオ)

1951 F.ゴンザレス(フェラーリ)

1952 A.アスカリ(フェラーリ)

1953 A.アスカリ(フェラーリ)

1954 F.ゴンザレス(フェラーリ)

1956 J.M.ファンジオ(フェラーリ)

1958 P.コリンズ(フェラーリ)

1960 J.ブラバム(クーパー)

1963 J.クラーク(ロータス)

1965 J.クラーク(ロータス)

1967 J.クラーク(ロータス)

1969 J.スチュワート(ティレル)

1971 J.スチュワート(ティレル)

1973 P.レブソン(マクラーレン)

1975 E.フィッティパルディ(マクラーレン)

1977 J.ハント(マクラーレン)

1979 C.レガツォーニ(ウィリアムズ)

1981 J.ワトソン(マクラーレン)

1983 A.プロスト(ルノー)

1985 A.プロスト(マクラーレン)

1987 N.マンセル(ウィリアムズ)

1988 A.セナ(マクラーレン)

1989 A.プロスト(マクラーレン)

1990 A.プロスト(フェラーリ)

1991 N.マンセル(ウィリアムズ)

1992 N.マンセル(ウィリアムズ)

1993 A.プロスト(ウィリアムズ)

1994 D.ヒル(ウィリアムズ)

1995 J.ハーバート(ベネトン)

1996 J.ヴィルヌーヴ(ウィリアムズ)

1997 J.ヴィルヌーヴ(ウィリアムズ)

1998 M.シューマッハ(フェラーリ)

1999 D.クルサード(マクラーレン)

2000 D.クルサード(マクラーレン)

2001 M.ハッキネン(マクラーレン)

2002 M.シューマッハ(フェラーリ)

2003 R.バリチェロ(フェラーリ)

2004 M.シューマッハ(フェラーリ)

2005 J-P.モントーヤ(マクラーレン)

2006 F.アロンソ(ルノー)

2007 K.ライコネン(フェラーリ)

2008 L.ハミルトン(マクラーレン)

2009 S.ベッテル(レッドブル)

2010 M.ウェバー(レッドブル)

2011 F.アロンソ(フェラーリ)

2012 M.ウェバー(レッドブル)

2013 N.ロズベルグ(メルセデス)

2014 L.ハミルトン(メルセデス)

2015 L.ハミルトン(メルセデス)

2016 L.ハミルトン(メルセデス)

2017 L.ハミルトン(メルセデス)

2018 S.ベッテル(フェラーリ)


最新記事

すべて表示

F1サーキットにはそれぞれサーキットによった特性を持ち合わせていますが、このサーキット・オブ・ジ・アメリカズ(通称:COTA)は、人気サーキットの名物コーナーたちが集結したことで知られています。 2012年のF1アメリカGP開催向けて建設されたCOTAは、ヘルマン・ティルケによってデザインされ、一時期F1を開催していたインディアナポリスに取って代わる本格的なF1サーキットとなりました。 セクター1